初めてのレスキューツール「ストライカー」

  • 2012.02.22 Wednesday
  • 18:57
JUGEMテーマ:地域/ローカル



品川区某所。開発で壊される予定のビルをお借りして災害時の予備演習があった。地元の町会とビル管理会社の方を中心に約20名ほどが参加。住民が建物やエレベーターに閉じ込められたケースを想定し、防災常備品を実際に使ってみることが目的だ。

実際に道具を使ってみて、思い知ることばかり。たとえば、強化ガラスはなかなか割れないとか、ガラスが飛び散らないように破壊する前にはガムテープを張るだとか、合板のドアは衝撃を吸収するので壊すのが大変とか。

鉄のハンマー、掛合(かけや)、バールなど、道具はケースバイケースで使い分けなくてはならない。そんなことが現場で実際に使ってみてわかった。

この日は友人のマンションで購入したという防災備品のレスキューツール「ストライカー」を実際に試すこともできた。

ストライカーは破壊救助活動を効率よくするためのMade in USAのツールだ。コンクリート、ブロック、レンガ、錠前、止め金具等の破壊、自動車や建物の扉、窓のこじ開け、板金の切断などに使う。五種類の先端工具が用意されていて、簡単に脱着ができる。先端の五種類は次の通り。“癲∩訶こじ開け用バール、▲皀襯織襦▲椒襯氾破壊用幅広タガネ、レンガ、ブロック等破壊用タガネ、だ从燹▲灰鵐リート等の破壊用ノミ、ト超眄效罵僉重量は11.8キログラムとずっしり重い。

まず尖ったノミの先端を装着し、コンクリートを破壊してみた。(ムービー参照)
次に幅広タガネでドア枠を壊してみた。(ムービー参照)

重いグリップ部分をスライドさせて打ちつけるように衝撃を与える。衝撃が増幅されてツールの先端に集中し対象物はいとも簡単に破壊できた。ストライカーは重く感じるが、グリップスライドの操作にハンマーをたたくような力はいらない。最小の力で最大の破壊力。防災用品にあるようなバールやハンマーより、このストライカーは格段に効率良く、無駄なパワーを使わずに破壊l救出活動ができることを確認。

そして教訓。災害時の救助活動、救出道具の使い方は定期的に繰り返して経験しなければ、なかなか身につかない。

次回はぜひ今回テストできなかったストライカーの3タイプの先端ツールを試したいものである。

いざと言うときに使えない。というのでは・・・・

  • 2012.02.02 Thursday
  • 08:31
JUGEMテーマ:地域/ローカル

ストライカー 防災グッズ 555nat 555blog ホロホロ日記

いざと言うときに役に立たない。そんなトンマな経験、自分の場合、一度や二度ではないのが悲しいところ。

大震災や原発事故に見る、自分も含めた日本人の危機意識の欠落と危機管理のお粗末さ。これもまた情けない教訓。

いざと言うときの備え、というのは何よりも大切である。

若くしてマンションの理事長を務める、都会のマンション暮らしの友人。マンションの危機管理備品に、写真のストライカーを購入。災害のとき、エレベーターや建物内に閉じ込められてしまったマンションの住人たちを救い出すために使うヘビーデューティーな道具である。

ストライカーはさまざまなカタチの先端を交換して使う。状況に応じて鉄の扉、車のドア、窓、壁などを人力でこじ開けるという優れものだ。重いグリップ部分はスライドして動く。グリップで強烈な衝撃を与えることで頑丈なドアなどをこじ開ける仕組みだ。一般に防災グッズとして常備されている鉄製バールなんて、このストライカーと比べるとマッチ棒のようなものである。

さてこのストライカー、いざと言うときに役に立たないというのでは困る。やはり予行演習が必要だよね、ってことになった。そして友人はどこからか開発で壊される予定のビルを見つけてきた。さっそく地元の消防団にも声をかけ、ストライカーを使った災害時の実践訓練の日程が決まった。

さてこのイリノイ州生まれのストライカー、果たして使えるか否か? 

見た目はさておき。五本指ソックス

  • 2011.10.26 Wednesday
  • 08:00
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com ホロホロ日記 五本指ソックスフィールドテスト中

こんなものはちょっと履けないなあ、と”見た目”の印象から”食わず嫌い”だった五本指ソックスを1週間ほど前から試している。”見た”目重視の者には未だ”見た目”の違和感が残るのも事実。しかし、一週間の日常フィールドテストの結果、これがなかなか気持ちが良くて調子がいい。

素足にビーサン。そんな解放感が五本指ソックスにもある。なんだか自由を手に入れた、そんな靴下感だ。足の状態も風呂上がりのしっとり感、とまではいかないまでも、心なしか潤いが蘇った気がする。シルクとコットンの組み合わせのなせるわワザかもしれないが。

健康にいい、という噂はまだ使用期間1週間では解らない。耐久性に関しても、もう少し使ってみなければわからないので、引き続きフィールドテストを実行中。

五本指の”見た目”の違和感はさておき、調子がいいので追加注文することにした。

近所の自転車仲間たちにはずいぶん前から五本指ソックス愛好家が多かったが、ようやくその理由が理解できた気がする。”食わず嫌い”は損をしちゃいますね。 

コゼとREW10展示受注会2011

  • 2011.07.06 Wednesday
  • 12:35
JUGEMテーマ:スポーツ

2011年展示受注会 コゼバッグ REW10WORKS 白猫屋 ホロホロ日記 555nat.com

ちょいと前の話しになりますが、今年は2011年6月11日、12日に古美術上田(東京谷中)で「コゼバッグREW10Worksの展示受注会」がありました。

REW10さんの自転車の荷台、趣があって良かったです。クリプトナイト社Uロックのホルダー、パニアバッグ専用バーが付いておりました。
コゼバッグさんは粋なステッチワークも素晴らしいのですが、やはり普段使いできるパニアバッグのデザインに脱帽です。

ないものは考えて作っちゃう。想像力と実行力、見習いましょう。

自転車出身の日本の手作り職人たち、”熱いです!

● コゼバッグさん別注の白猫屋オリジナル防水防汗マルチパースは白猫屋で販売中です。

白猫屋+コゼバッグ特製ウォータープルーフ防水サイクリング専用パース

  • 2011.05.31 Tuesday
  • 09:23
JUGEMテーマ:スポーツ

白猫屋+コゼバッグ特製ウォータープルーフ防水サイクリング専用パース 555nat.com ホロホロ日記

コゼバッグさんに特別注文した「ウォータープルーフ防水サイクリング専用パース」が三点上がってきた。

去年の11月、自分用に作ってもらった特製「防水財布」がとても便利だったもので、白猫屋の商品ラインナップに加えてみようかなと思ったのが制作のきっかけである。

製作にあたってはコゼバッグさんと、あーでもない、こーでもない、なんていう話し合いはほとんどなし。サイクルウェアのポケット入れたお金や小物や物品が汗で濡れてしまうのを防ぐことができれば良いだけだからね。

本体の色、トリムテープの色、ステッチの色、タグの位置など、カラコーディネイトはコゼバッグさん任せ。たいへんな“お任せ仕事”を快く引き受けてくれて、一つとして同じ製品がないハンドメイドの「ウォータープルーフ防水サイクリング専用パース」が出来上がってきたのだ。

1点はバックオーダーを頂いていた関西のマウンテンバイカーの元へ旅立って行った。彼はこの「ウォータープルーフ防水サイクリング専用パース」に携帯電話i-phoneを入れてトレイルライドに出かけるとのことだ。僕は普段、小銭を入れて防水財布として使っているが、彼が言うように携帯電話やスマートフォンがちょうど入る大きさだった。

コゼバッグさんの新しい織りネームの付いた防水サイクリングパース2点は白猫屋のウェブサイトでぼちぼち販売します。

そしてコゼバッグさんは下記の予定で東京展示受注会を行うようです。
●コゼバッグとREW10WORKSの展示受注会
2011年6月11日(土曜)11時から19時、12日(日曜)11時から18時
場所:東京谷中 古美術上田
●コゼバッグ展示受注即売会
2011年6月16日(木曜)〜18日(土曜)
場所:東京蔵前 アノニマ・スタジオ 

コゼバッグ特製「サイクリング防水財布」到着

  • 2010.11.06 Saturday
  • 23:54
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com ホロホロ日記 サイクリング 防水財布 コゼバッグ オーダーメイド

9月にあった「コゼバッグREW10WORKS合同2010展示受注会」で、コゼ千絵さんにオーダーしたウォータープルーフ・バイシクルライド専用パース(特製サイクリング防水財布)が完成し、先日手元に届いた。

素材はコゼバッグで防水インナー生地として使っている“ターポリン”。
デザインと寸法は自分で決めた。

宅急便で京都から届いた特注品のブツは想像以上の良き出来栄え。

これで汗ばんだサイクルジャージーの後ろポケットから、びしょびしょに濡れた財布を取り出し、かなりの水分を吸収したお札を取り出すという何ともバツの悪い気分から開放される。ジップロックも使わなくても済むしね。

REI組合員配当金でPACEのサイクルキャップ

  • 2010.10.14 Thursday
  • 22:01
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com ホロホロ日記 REI PACE Clif Bar サイクルキャップ

毎年、REIから組合員配当金が戻ってくる。前年の買い物額に応じて配当金額が決まるのである。去年は買い物が少なかったので戻ってきた配当金は十数ドル。ほかの家族でREIで買い物の予定はなし。では僕が・・・。

PACE CLIF BAR サイクルキャップ、14ドル95セントを購入した。米国PACE Sportswear社製のごくごくありふれた4枚パネルのコットン100%のものだ。最近珍しいメイド・イン・カリフォルニアUSAの製品だ。

サイズはONE SIZE表示のフリーサイズ。もしかして小さくて被れなかったらどうしよう? なんてことを買う前に心配していたけれど、メールオーダーで届いたキャップは頭にピッタリ。なんとか被れてひと安心した。だが、ちょっと頭のサイズが大きいと思う人にはリスクの伴なう買い物になるだろう。コットン製のサイクルキャップはやはり”試着”してみなくては。

さて新調したサイクルキャップで朝の自転車ライドへ。ヘルメットと違ってコットン製のサイクルキャップはかなりカジュアルな気分だ。身も心も、自転車の走る速度さえも、いつものライドに比べさらにのんびりスモードになるから不思議なものである。

ただ少しばかり気になることがひとつ。サイクルキャップのカタチって、小学生だった頃の運動会で被っていた”紅白帽”に似てるってこと。

*ご連絡: 白猫屋、新柄サコッシュが増えました。

松川けんし画伯の2010年ラルゴオリジナル・ピグメント染めTシャツ

  • 2010.06.29 Tuesday
  • 22:24
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com 2010ラルゴTシャツ 松川けんし ホロホロ日記 ブレインズ

採れたての新鮮な食べ物が旨いように、プリントが上がったばかりのTシャツはイキが良い。

スポーツアパレル業界ではあり得ない、夏のシーズンに突入してから作るのが恒例ラルゴさんのオリジナルTシャツである。
2000年から製作を請け負って今年で11年目。

2010年の松川けんし画伯のデザインテーマは”クジラ”である。
画像では確認できないかもしれないが、チョークで落書きしたような微妙な濃淡のタッチが素晴らしいイラストだ。
ブレインズ三原さんのハンドプリントの職人技が冴える。

Tシャツはいまどきかなり珍しい”Made in U.S.A.”。ボディを”ピグメント染め”したものだ。

ぜひ一度、2010年ラルゴTシャツの実物を手に取ってその何ともいえない風合いを確かめていただきたい。
洗いざらしの501ジーンズのような着心地が好きな方なら、ラルゴTシャツが離せなくなると思う。

お買い求めは東京新宿バックカントリースノーボード専門店「ラルゴ」さんで。
デザインの違う”クジラ”プリントでトドラー、キッズサイズもあり。
インターネットショッピングも可。 

ゲーリー・フィッシャーのセンスとスピリットを引き継ぐのは誰?

  • 2010.06.17 Thursday
  • 22:42
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com ホロホロ日記 ゲーリー・フィッシャー MTB

”ゲーリー・フィッシャー”ブランドといえば、マウンテンバイク(MTB)の歴史。

そのブランドが来期より、“トレック”ブランドに統一されてしまうとか。
つまり、”ゲーリー・フィッシャー”ブランドはなくなっちゃうってことらしい。
「ゲーリーフィッシャーコレクション」という位置づけのトレックブランドとなって、引き継がれるらしいのだが。

事実上、”ゲーリー・フィッシャー”ブランド2010年モデルが最後となるわけね。

オフロードのトレイルを自転車で走るという素晴らしい喜びを、抜群のセンスで伝えてくれた名物カタログもなくなってしまうということですね。残念です。

*写真は2005年に来日したGary Fisherにサインをしてもらったノート

赤い水玉模様の「マイヨ・グランベール」手作りサコッシュ

  • 2010.06.03 Thursday
  • 22:19
JUGEMテーマ:スポーツ

サコッシュ マイヨ・グランベール 555nat.com ホロホロ日記 自転車 手作り

 登りがあるからこそ、自転車で下る喜びは大きい。
でも軽やかにスイスイ登る自転車と自分の一体感というのもそう悪くはない。
このサコッシュ「マイヨ・グランベール」を背負っていれば、
もっと登りが楽しくなるかもしれない。

スーザンと僕が長年探し求めていた赤い水玉模様。
そうマイヨ・グランベール柄だ。
ちょうど良い大きさの水玉模様の生地(コットン100%)を見つけたので
3枚限定生産した。ハンドメイドイン東京世田谷である。

個人的に待望の「マイヨ・グランベール」サコッシュ。
一枚は僕が買わせていただきました。

A4サイズのノートが入る大きさだからけっこう”使える”のだ。

これで近所の国分寺崖線の急坂登りは楽々クリアできそうな気がする。
”気がする”っていうのが、
ツール・ド・フランス山岳賞「マイヨ・グランベール」柄の
不思議なチカラである。

「マイヨ・グランベール」サコッシュのお求めは
555nat.comショッピングサイト白猫屋で。

*追伸
昨日(2010/6/3)、お店(「白猫屋」)に並べた「マイヨ・グランベール」サコッシュが、ありがたいことに今朝、さっそく売れてしまいました。残りの1枚と、スーザンにその気があるのなら何点か余計に作ってもらおうと思っています。もし、お待ちの方がおいででしたら、店頭に並ぶまでしばしお待ちくださいますようお願いします。 -Hilo Morimoto

*追々伸
スーザンの手作りサコッシュ「マイヨ・グランベール」は2010年6月6日ですべて売り切れてしまいました。自分の買ったはずだった1枚も白猫屋へお戻ししたのですが、すぐにご購入いただきました。買ってくださった三名の方、ありがとうございました。次回製作の予定は今のところございませんが、かっこ良い柄の生地で作った新作サコッシュをときどきリリースしていきますので、よろしくお願いします。

白猫屋の新作サコッシュはスーザン作の限定ホームメイド

  • 2010.03.09 Tuesday
  • 12:01
JUGEMテーマ:スポーツ

サコッシュ新作 555nat.com 555blig 自転車 白猫屋 

スーザンはロシア人の父とアメリカ人の母の間に生まれた。
彼女はヒッピーだった母の影響を受けたおかげで、
「LOVE&PEACE」のセンスに溢れた日常の生活をおくり、
自由と平和と個人の責任を何よりも愛している。

景気の悪い話しや世紀末的な事件や災害が頻発し、
しょんぼりした気持ちになってしまうようなご時世だが、
彼女のように自分の考えをしっかり持って前向きに生きていると、
世の中のネガティブな動向なんてまったく気にならないようである。
素晴らしい前向きさ。やっぱり1960年代生まれはこうでなきゃ。

前置きが長くなってしまった。

僕らはスーザンにホームメード・サコッシュの製作をお願いした。
生地選びから、パターン取り、デザイン、縫製、細々したことまでのすべて。

そして先週、ホームメード・サコッシュが出来上がってきた。

1960年代のピースフルな雰囲気がプンプンするホームメイド・サコッシュばかり、3種類。

.▲侫・サコッシュ3色各1点 *二輪三脚イラストレーター田中さんに書下ろしていただいたアロハシャツ用テキスタイルデザイン生地です。
▲圈璽・サコッシュ 2点
レインボー・サコッシュ 2点

お買い求めは、ナット&カンパニー/555nat.comショッピングサイト「白猫屋」からどうぞ。

ラヴ&ピースな気分になれる自転車ハブブラシの復活はあるのか

  • 2009.12.15 Tuesday
  • 14:47
JUGEMテーマ:スポーツ

555blog ハブブラシ

聞くところによれば、自転車のハブブラシ(自転車の車輪の軸=ハブに取り付ける飾りブラシ)の国内生産が終ってしまったとか。それなのに僕のまわりでは「ハブブラシ」愛用家が増え始めているのだ。

自転車仲間から、たいへん貴重な国産デットストックの「ハブブラシ」をいただいた。これを取り付けるとバイクライドがもっと楽しくなるような気がしている。いつも走っている世田谷トレイルの景色が、全然違って見えてくるような。

ハブブラシのお気軽な”遊び心”がいい。懐かしい60年代和製カウンターカルチャーの香りもちょっと漂うような感じもする。自転車と平和な世界を愛する気持ちにさせらちゃうものね。

この間、川崎の中野島にある自転車店「POP」の永嶋くんともハブブラシについて真剣に語り合った。街乗りからオフロードライドへ、”ハブブラシ”の需要は確実に広まっているようだが、もしかしたら僕たちの”気のせい”だけなのかもしれない。

先日、国産ハブブラシ最後のディストリビューター「野口商会」さんのスタッフ、K桐さんとA田さんに、相次いでお会いする機会があった。話題はもちろん「ハブブラシ」だ。おふたりとも何となく「ハブブラシ」の未来についての関心と魅力を感じていらっしゃるようだった。
もしかして、こっそり、ハブブラシ復活の秘策を準備している、なんてことがあるかもよ。 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
こんなマウンテンバイクの本を書いてます!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM