555blog

ホロホロ日記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

雪だるまビーチサンダル 【ラルゴ新宿】

JUGEMテーマ:アート・デザイン
ホロホロ日記 555nat.com 555blog ラルゴ 松川けんし ブルーダイヤ Blue Dia オリジナル・ビーチサンダル 2014

毎年この時期はバックカントリースノーボードの老舗ショップ、東京・新宿「LARGO/ラルゴ」さんのオリジナル・プロダクツの制作に関わっていて、ディレクションを担当しています。

今年(2014年)もトムリッチ―の自転車をこよなく愛する素晴らしくユニークなイラストレーター、松川けんしさんがグラフィックを描き下ろしてくれました。

昨年まではお気に入りのUSAメイドのアメリカンコットンTシャツを東京下町でピグメント染めしたTシャツを使ってオリジナルを作っていましたが、今年はちょっと趣向を変えてビーサン。ビーチサンダルにしました。

ビーチサンダルといえばやっぱり、長い歴史を誇るオリジンなブランド、「BLUE DIA/ブルータイヤ」だよね。

ということで「ブルーダイヤ」×「ラルゴ」×「松川けんし」という夢(?)のオリジナル・ビーチサンダルの誕生となりました。

かかとの裏に刻印された松川けんし作「ラルゴ雪だるま」が何とも粋なビーチサンダルです。某有名履物店のビーチサンダルを超えた(?)かもしれない逸品です。お買い求めはラルゴさんのWEBストアでどーぞ! → Largo WEB Store
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
職人、アーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

紋の柄の手ぬぐいからサイクルキャップ

手ぬぐいからサイクルキャップ、紋の柄、白猫屋2013年新作、555nat.com

手ぬぐいからサイクルキャップを作ることを企画して最初に取り組んだのはどんな柄の手ぬぐいを使って製作しようかというデザイン選びでした。

手ぬぐいからサイクルキャップの出来上がりデザインが想像できるものもあれば、この紋柄のサイクルキャップのようにまったく想像のつかないものもありました。

注染手ぬぐいから作る一点モノのサイクルキャップ。半年間、試作品を着用して気がついたことは、綿100%のサラッとした素材感、軽さ、風通しの良さ、デザインの渋さ、繰り返しの洗濯にも耐える耐久性の高さ。日本人が長いあいだ日用品として愛用してきた手ぬぐいの良さがそのままサイクルキャップの軽快で愛着の湧く使い勝手の良さに繋がっています。なかなか爽快です。

白猫屋のサイクルキャップは頭まわりの大きさの範囲を表記していますので、それぞれのサイズをお確かめください。


JUGEMテーマ:スポーツ



 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
職人、アーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

手ぬぐい【麻の葉】からサイクルキャップ

注染手ぬぐいサイクルキャップ「麻の実」2013年NEW

白猫屋では注染の手ぬぐいからサイクルキャップを作りました。

試作品を半年間、街乗りや朝のトレイルライド、バイクトリップで着用、繰り返しテストと改良を重ねて完成。

実際に使って気がついたことは、 綿100%のサラッとした素材感、軽さ、風通しの良さ、デザインの渋さ、繰り返しの洗濯にも耐える耐久性の高さ。 日本人が長いあいだ日用品として愛用してきた手ぬぐいの良さが、そのままサイクルキャップの軽快で愛着の湧く使い勝手の良さに繋がっていますね。なかなか爽快です。

4点製作した初期モデルのひとつが『麻の葉』柄の手ぬぐいサイクルキャップです。

一度、朝の自転車ライドのメンバーで俳優の佐藤貢三さんに試作品を被ってもらったところ、意表を突くモダンなデザインのカッコ良さと後頭部をしっかり包み込む深い被り心地の良さがいたくお気に召されて、試作品を購入していただくことになりました。ありがとうございます。

白猫屋のサイクルキャップは頭まわりの大きさの範囲を表記しています。1点1点、若干サイズが異なりますのでお確かめください。


JUGEMテーマ:スポーツ


 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
職人、アーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

数独のニコリ社。プレミアム商品の企画

555nat.com ホロホロ日記 ナット&カンパニー 商品企画 パズルの二コリ社 特性メッセージボード いろはに木工所 2013年

久しぶりに文房具の製品企画をしました。
数独で世界的に活躍するパズル会社ニコリさんのプレミアムグッズ「メッセージボード」です。

ボードは東京・谷中の工房「いろはに木工」さんへ製作依頼しました。
木製キューブピンは既成のものにイメージに合うデザインのものがなかったので特別注文しました。

日本国内で製作できるところを探すのにひと苦労しましたが、優秀なガビョウ屋さんとの出会いがあって上等な焼刻印ピンが出来上がりました。

小さな工房で丁寧に作られる日本生産品には特別な愛着があります。


JUGEMテーマ:アート・デザイン 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
職人、アーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Cosset Bag コゼバッグ 【555nat.com】

ホロホロ日記 555nat.com 友だち紹介 コゼバッグ 2013

コゼバッグの千絵さんとは2008年8月の Tokyo Night Bike Groove トーキョー・ナイト・ライド・グルーヴ(シークレット・バイシクル・ソサエティ主催の自転車の闇グループライド)からの付き合いになります。

集まった他のメンバー同様、彼女も自由で優しいラブ&ピースな心の持ち主でやはりシングルスピードの自転車乗りでした。年代は違いますが彼女とは生き方の波長があって、また共通の自転車仲間がいたりしてすぐに友だちになり、何となく交流が続いています。

彼女がメッセンジャーバッグのスーパー・クリエイターだと知ったのは会ってしばらくしてから。思い出せば、友人たちの多くが特製コゼバッグを気に入って使っていました。

デザインの良さ、作りの頑丈さはもちろんですが、使い手を選ばない万人向けの使い勝手の良さ、修理やリペアにも快く応じてくれるなど、コゼバッグの千絵さんの消費者フレンドリーなモノづくりのポリシーが使う人に幸せを運びます。

コゼバッグのモノづくりポリシーと千絵さんのセンスに惚れて白猫屋では2010年から「特製サイクリング防水パース」の製作をお願いしています。すべてカラーリングの違う1点モノ。少量ですがショッピングサイト「白猫屋」販売しています。

★コゼバッグのウェブサイト → Cosset-bags
★コゼ千絵さんのブログ → コゼブログ

コゼバッグのモノづくりポリシーと千絵さんのセンスに惚れて白猫屋では2010年から「特製サイクリング防水パース」の製作をお願いしています。すべてカラーリングの違う1点モノ。
少量ですがショッピングサイト「白猫屋」販売しています。
よろしければのぞいてくださいな。 → 白猫屋

JUGEMテーマ:地域/ローカル 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
職人、アーティスト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |