Patagonia社アノラックのリペア

  • 2018.06.07 Thursday
  • 09:31

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com 555blog パタゴニア リペア 修理サービス H2NO プルジャケット(1)

 

わが社のウェブサイトを切り盛りするウェブマスター嬢。気に入った製品を修理しながら長く愛用するというタイプです。

 

今年の初めに、愛用するパタゴニア社のリップストップH2NO素材のアノラックの修理を相談されました。このアノラックはH2NO素材を使った初期のもの。糸で縫って縫製するのではなく、裁断された生地と生地をシームテープで接着して製品ができています。長年の使用でその接着が剥がれて生地と生地が分離して隙間が広がっていました。生地の裏に貼ってあるフィルムの剥離は発生していますが、リップストップ素材の表面は破れがあるわけではなく綺麗です。

 

よく利用しているパタゴニア大崎ストアに持ち込んだところ、接着方式でのリペアはできないけれど縫製による修理は可能でした。修理には2か月ほどの期間がかかりました。

 

両袖、カンガルーポケットのファスナー上部など、数か所あった生地の分離部分が上手に修理されていました。

 

また、気に入った製品に腕を通すことができてウェブマスター嬢はご満悦でした。お気に入りを長く使うというライフスタイルは良いものですね。

 

ホロホロ日記 555nat.com 555blog パタゴニア リペア 修理サービス H2NO プルジャケット(2)

切り裂け修理。パタゴニア社ライトウェイト・トラベルクーリエバッグ

  • 2018.05.09 Wednesday
  • 18:15

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com 555blog Patagonia パタゴニア repaire リペア ライトウェイト・クーリエバッグ 修理前

 

「パタゴニアのバッグが破れてしまったんだけど、これ、修理できるかなあ?」と、知り合いからの相談。

 

バッグやらジャケットやらトレッキングシューズやら、パタゴニア製品といえば1990年代からリペアを繰り返し長いこと使っているものばかりの我が家。そんな”物持ちのよさ”を知ってか知らぬか、修理できるか否かの相談を受けることが多いです。

 

相談されたバッグはリップストップナイロン素材の「ライトウェイト・トラベルクーリエバッグ」。ボディ部分を何かに引っかけたらしく、4〜5センチほど切り裂き破れがありました。見たところ、この程度ならパタゴニア社でリペアしてくれるはず。さっそく、バッグを預かり、行きつけのパタゴニア東京大崎店にリペアを依頼しました。

 

最近、パタゴニア社のリペアはたいへん混んでいます。バッグのリペアをお願いしたのは2月初旬。修理が済んで戻ってきたのは4月の下旬でした。2か月半ほどかかりました。

 

帰ってきたバッグはまるで新品のよう。どこが破れていたのか確認できないほどきれいに修理してありました。びっくりです。

 

気に入って使っていたバッグが破れてしまってがっかりしていた知り合い。修理されたッグを受け取って、とっても喜んでくれました。

 

修理代金は¥1,080也。良心的な価格もありがたいです。

 

多少費用がかかっても、新しい製品に買い替えるよりも修理しながら長く使うほうが気持ちもいいし、カッコいいと考えるのは僕だけでしょうか。

 

ホロホロ日記 555nat.com 555blog Patagonia パタゴニア repaire リペア ライトウェイト・クーリエバッグ 修理済

濾過システム交換。ハーレー蕎水器がシカゴから戻ってきた!

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 21:17

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com 555blog hurley  water filter refurbishment ハーレー 浄水器 リファブリッシュメント フィルター交換 USA シカゴ(3)

 

せっかくの優秀な製品も、販売代理店にそのポリシーとサービスが受け継がれなければ、ユーザーや消費者にとって「ちょっと残念な製品」ということがあります。

 

1995年からわが家で愛用している米国シカゴ生まれの浄水器「ハーレー供廚發修鵑併椎阿弊宿覆里劼箸弔任后

 

ハーレー兇亘寨茵▲侫ルター部分(内部の濾過システム部分一式)の交換が何度でもできて、長く使うことができる浄水器です。とても経済的です。しかも頑丈で美しい外装のステンレスのハウジングと上部のノブは、交換せずにそのまま繰り返し使うことができます。資源やエネルギーの無駄を抑える、合理的でエコフレンドリーな素晴らしい製品です。

 

1995年当時、ハーレー蕎水器の販売価格は10万円くらいだったと記憶しています。たいへん高価でした。しかし、定期的に濾過システム部分だけを交換することで継続的に使える合理性、シンプルな構造でメンテナンスが楽なこと、電源不要で緊急時の浄水器として水の確保に使えること、長く使えるので結果的に経済的であることなどの理由から思い切って購入しました。20年ほど使っていますが、その性能とシンプルな使い勝手の良さに満足しています。

 

濾過システム部分の交換は5年を目安に、というのがハーレー蕎水器の推奨交換時期です。今まで長いこと交換を先延ばししてきたので、さすがにそろそろ交換しないとなあと思い、購入時に記載してあった販売代理店へ連絡。ところが、電話は繋がらず。当時の販売代理店はなくなっていました。輸入品を取り扱う販売代理店にはよくある話ではありますが。

 

ホロホロ日記 555nat.com 555blog hurley  water filter refurbishment ハーレー 浄水器 リファブリッシュメント フィルター交換 USA シカゴ(1)

 

困ってしまいました。ともかく輸入販売元があるかもしれないので探してみようと。そうしたら、ありました。わが家が加入する生活クラブ生協で取り扱いがあったのです。ちょうど、生活クラブ生協の店舗「デポー」に販売代理店の方が来られるというので、ハーレー兇累媛瓮轡好謄猊分の交換のことを聞いてみました。費用、交換期間のことなどあれこれと。

 

ところが、ちょっとびっくりする答えが返ってきました。

 

「濾過システム部分のみの交換はしていない」そうなのです。

嘘でしょ?どういう意味?

お聞きすると交換はしているが、内部の濾過システムを交換するのではなくて「そっくり新しいハーレー兇妨魎垢垢襦廚修Δ覆里任后

えっ、古いのはどうするの?(それって濾過システムの交換って言わないんじゃないの?)

「分解してリサイクルできる素材はリサイクルします。ステンレスは再資源化します。」とのこと。

えっ、それって廃棄だよね?

 

え〜、そんなのおかしいよ。

ハーレー蕎水器の”環境に配慮した製品づくり”の考え方に共感して購入したのに、それはないよね。まさか、ハーレー兇鮑遒辰討い詈胴颯蓮璽譟次Ε轡ゴ社の方針、変わっちゃったのかも。そう思ってウェブサイトをチェックしたところ、ちゃんと交換してるじゃないですか。

 

外装のステンレス・ハウジングを繰り返し使うという環境に配慮した交換システムをやめてしまったのは日本国内だけでした。

 

再度、日本のハーレー兇鮗茲螳靴θ稜簑緲店さんへ連絡してみました。時間が多少かかっても従来通りの濾過システム部分のみを交換する選択肢をつくっていただけないものかとお願いしました。僕のようにハーレー兇鯀ぶ理由が環境に配慮した製品だからという人もいる。それにアメリカでは従来通りの交換をしているじゃありませんか。と言ったところで、日本の販売代理店の方針は変わらず。改善する気はないようでした。日本では交換=新しい製品に交換、古いものは廃棄、一部リサイクル。ちなみに日本での交換費用は¥63,000、ハーレー兇糧稜箍然覆1台¥128,000です。

 

いやぁ、困ったなあ。

そして結局、米国シカゴのハーレー・シカゴ社へ、メールによるコンタクトをしました。


こんにちは。
私は日本に住んでいる者です。1995年からハーレー兇魄ν僂靴討い泙后

Hurley兇瞭本代理店へのrefurbishment(濾過システム部分の交換)をお願いしたのですができませんでした。
日本では550ドル(60,500円)で新しいハーレー兇妨魎垢垢襪海箸靴できません。
「私が使っていた古いものはどうするのか?」と代理店へ尋ねると「廃棄処分します。外側のステンレススチールはリサイクルしますが・・・。」との答えでした。

ハーレー兇料農欧蕕靴づ世蓮定期的にメンテナンスすることで繰り返し使用することができることです。私はそれが環境に優しく、経済的であるので購入しました。日本の代理店の対応には失望しました。
私が使っているハーレー兇鬚修舛蕕愾るとしたら、refurbishment(濾過システム部分の交換) していただけるのでしょうか?
可能でしたら、送り先と費用、送料を教えてください。
私の使っているハーレー兇亘萋とても良い仕事をしてくれています。
どうぞよろしくお願いします。

 

以上のようなメール内容です。

 

メールを出して約1週間。「送ってくれたら、中身の濾過システムを交換して戻してあげるよ!」との嬉しい返事をいただきました。

 

シカゴの本社工場で交換を引き受けてくれました。

濾過システム部分の交換費用は86ドル(9,460円)です。

 

シカゴから東京までの送料83ドル(9,130円)をプラスして、交換に支払う費用は合計169ドル(18,590円)。郵便局でマネーオーダー(別途手数料2,000円がかかります)を作り、愛用のハーレー蕎水器とともにEMS国際スピード郵便で送りました。東京からシカゴまでの送料は8,000円を合わせて、シカゴへ送って交換してもらった費用総額は28,590円でした。

 

僕らの希望通り、外装のステンレス・ハウジングと上部のノブは廃棄せずに繰り返し使うことになりました。結果的に日本国内の販売代理店に交換をお願いするよりも経済的で合理的で環境への負荷を抑える方法を選択できました。米国ハーレー社とのやり取りには多少時間がかかりましたが、気持ちよくスムーズに進みました。

 

ハーレー蕎水器をシカゴへ送って、交換済みのものが手元に届くまでの期間はEMS便を利用して2週間弱でした。便利な時代です。

 

★ハーレー・シカゴ社 → Hurley Chicago Co., inc

 

ホロホロ日記 555nat.com 555blog hurley  water filter refurbishment ハーレー 浄水器 リファブリッシュメント フィルター交換 USA シカゴ(2)

 

 

 

 

古い眼鏡のケーブルテンプルの修理

  • 2018.02.13 Tuesday
  • 22:16

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com 555blog repaire リペア glasses 眼鏡 vintage ビンテージ つるまき修理 メガネナカジマ

 

1920年代~30年代の古い眼鏡がまだそれほど高価ではなかった1980年代。近眼の僕は、海外のガレージセールや国内のアンティーク家具屋さんを訪ねては、耳に巻きつけるタイプのケーブルテンプル(縄手とも呼ばれている)の気に入った古い眼鏡を手に入れていました。

 

アンティーク眼鏡のコレクターではないので手に入れた眼鏡は度付レンズを入れて普段使いにします。

 

とは言っても、作られてから90年ほど経過しております眼鏡は、さらに長いこと使っていますとケーブルテンプルの肌に接する部分の金張りが剥がれ、巻きつる部分の金属が摩耗します。それでも使っていると、やがてそこからポッキリと折れてしまいます。

 

ここのところ運悪く、使っている眼鏡がそんな具合にポキポキと折れてしまいました。

 

まぁ古いものなのでしかたがないのですが。でもその中でも使い勝手の良かった眼鏡、1930年代製の英国ALGHA社のもの(写真左)と1920年代製の英国製のものを修理することにしました。

 

折れたケーブルテンプルを修理してくれるのだろうか?

久しぶりに、お世話になっている町の眼鏡屋さん「メガネナカジマ」さんへ持ち込んで相談したところ、元のような見栄えは無理だけれど、嬉しいことに修理は可能とのこと。2本の眼鏡の修理をお願いして3週間。写真のようにテンプルがバッチリくっついて戻ってまいりました。気に入った道具を長く長く使いたいものにとっては、ほんとうにありがたいことです。

 

1920年代~30年代の古い眼鏡が2018年の今でも使えるっていうのもすごいけれど、そんな古い眼鏡を修理してくれる頼もしいメガネ屋さんがある2018年の日本も素晴らしいなぁとつくづく感じました。

1970年製パイロット万年筆のニブ(ペン先)修理ができる

  • 2017.08.11 Friday
  • 17:18

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com リペア 万年筆 パイロット・エリート ニブ Pilot elite fountain pen 1970s (1)

ホロホロ日記 555nat.com リペア 万年筆 パイロット・エリート ニブ Pilot elite fountain pen 1970s (2)

 

明治生まれの祖父が晩年愛用していた1970年製のパイロット万年筆エリート。今は僕が祖父の形見として普段の筆記用具として使っています。この万年筆、ニブ(ペン先)のデザインとデカさがとっても気に入っています。

 

数か月前から、このデカいニブにインクのにじみが出始めました。気にせず使っていたのですが、インクのにじみが増えてきました。どこからインクが漏れているのか、ちょっとわかりません。

 

心配になったもので、万年筆の製造元、パイロットさんに連絡したところ、修理を受けつけてくれるとのこと。47年前のものでも大丈夫。ありがたい。宅急便で修理のやりとりもできるそうですが、東京・京橋のパイロット本社で受け付けてくれるというので持参。

 

本社で修理の受付、といっても修理専門の技術者の方が直接応対してくれました。万年筆のことなら何でも知ってます、って感じの頼もしいスタッフです。片手に修理道具を持って、さっそうと現れました。ほんとうにパイロット万年筆のことなら何でも知っています。

 

持ち込んだ万年筆は宝物でも扱うように慎重に扱ってくれます。どんな症状かを僕に訪ね、万年筆のニブをルーペなんかでのぞき込んだりして、入念にチェック。万年筆の状態を細かく診断して詳しく話してくれます。

 

「これはニブの接着が剥がれてきたんですね。古いペンは接着剤が劣化して剥がれてしまうんですよ。」

接着しなおせばインクのにじみはなくなるそうです。あとはとってもいい状態。安心しました。

「30分ぐらいお時間があるようでしたら、すぐに修理してお渡しできます。お待ちになりますか?」

僕は次の用事があり、後日受け取りに行くことにした。でも、持ち込んだその日に修理が終わって持ち帰ることができるサービス体制って素晴らしいね!

 

ちなみに今回の万年筆「パイロット・エリート」(1970年製)の修理料金は基本料金の¥1,000+消費税。パイロットの筆記用具修理の問い合わせウェブサイトはこちらです。

パイロット筆記用具修理お問い合わせ

 

パイロットの修理担当者の方、どうもありがとうございました。

見事に積まさった「廃棄自転車」たち

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 13:16

JUGEMテーマ:地域/ローカル

ホロホロ日記 555nat.com 自転車の回収 リサイクル 積まさった

日曜日、朝の7時半。ちょっと長めの自転車ライドを楽しんできた帰り道。駅前商店街は人の姿もなく、ひっそりしたもの。自転車屋さんの前を通り過ぎようとしたとき、見事な”積まさった”が目に入った。

自転車店の廃棄自転車を回収しているようである。この積みっぷり。そのまま通り過ぎるわけにはいかない。でしょ。

回収作業を手際よくこなしている金髪青年に「おはようございます!」と、調子よく声をかけた。彼は笑顔を見せて、作業の手を止めた。「おはようございま〜す!」と気さくに挨拶を返してくれた。まるで昔から知っている自転車仲間のようにフレンドリーな感じでね。

「この自転車はリサイクルするんですか?」と尋ねると「発展途上国へ輸出するんですよ」と教えてくれた。契約している自転車販売チェーン店を回って廃棄自転車を回収し輸出するのが彼らの仕事だという。「多くの自転車はこのまま輸出するんですよ。それを現地の輸出国で修理して。そのほうが工賃が安いですからね。」なるほど。

10分ほどの立ち話で廃棄自転車回収目線のいろいろな話しが聞けた。自転車業界の廃棄自転車、リサイクルの仕組み、為替変動による大変さなどなど、オフレコ話も含めて興味深い話をいろいろと。ライド帰りの思わぬ有意義なひととき。仕事の邪魔をしたことを詫びて金髪青年と別れた。

帰り際、荷台の平積みされた自転車を数えてみた。1山、30台超の自転車か。これが2山、3山、4山と増えるわけだよね。

芸術的な積まさった自転車をもう一度しっかりと眺めた。

「すみません!写真撮らせてもらっていいですか?」

間もなく。コゼバッグとREW10WORKSの合同展示受注会2014年

  • 2014.10.28 Tuesday
  • 20:37
JUGEMテーマ:地域/ローカル
ホロホロ日記 555nat.com コゼバッグとREW10WORKSの2014合同展示受注会

自転車仲間のバッグと自転車の展示受注会のご案内です。

□ 上等な製品をオーダーメイドで
□ 気に入った製品を愛着を持って長く使いたい
□ 毎年リリースされる新製品、クソ食らえ! という紳士淑女
□ 気に入った製品は何度でも修理して使う
□ 使い込んだ製品のカッコ良さを知っている
□ ゴミを増やしたくない
□ お金を節約して遊びや経験に使う

そんな愛に満ちた本物の価値のわかる人のために作られた製品ばかりです。

モノづくりの真理を極めたお二人の創り出す注目のバッグと自転車の展示受注会です。

コゼバッグ
REW10WORKS

皆様ぜひお立ち寄りを。

RAM’S BICYCLE SHOP ラムズバイシクルショップ

  • 2014.08.08 Friday
  • 08:57
JUGEMテーマ:地域/ローカル
ホロホロ日記 555nat.com bicycle shop RAMS 神奈川大和南林間 ラムズ自転車店 VAN JACKET 1970s アメリカンバイシクル The SHAPES

ここは神奈川県大和市南林間。住宅地の中にある自転車屋さん「バイシクルショップ・ラムズ」さん。

店主の堀さんは1970年代、ファッションを通して数々のアメリカンカルチャーを日本に紹介していた会社、VAN(ヴァン・ジャケット)に勤務して いた。貯まっていた有休を使って2週間ほどイエローストーンを自転車旅行。帰ってきたら堀さんの席がなくなっていた。VANの仲間たちが自転車狂の堀さん を称賛して語り継がれているエピソードのひとつだ。実のところは休暇中に移動人事があったということらしいが。

自転車センスが高く評価され、マガジンハウスの雑誌『POPEYE』の自転車特集に協力することも多かったとか。堀さんが誌面に登場することもあって初期の雑誌作りに深く関わっていたそうだ。

堀さんの出会いは僕が大学生だった10代の頃。バイトをしていた町田JORNAアメリカ村『THE SHAPES(シェイプス)』という小さなアウトドアウェア輸入販売店だった。

店主の大隅さんは堀さんのVAN時代の先輩。VANが倒産して堀さんもお店を始めたばかりの頃、フランス製のサイクリングシューズ 『PATRICK(パトリック)』を抱えててお店に訪ねてきた。「カジュアルでもカッコ良く履けそうだね」ってことで商談成立。早速お店で売ることに。黒 いスムースレザーにパトリックの白い2本ラインが踵の外側に入ったなかなか洒落たシューズだった。

ホロホロ日記 555nat.com bicycle shop RAMS 神奈川大和南林間 ラムズ自転車店 PATRICKサイクリングシューズ

自転車文化と普段の生活を上手にコンビネーションする堀さんのセンス。とてもユニークで刺激的だった。

堀さんとは縁があった。同じく学生時代。メンズクラブのイギリス特集に載っていたケンブリッジ大学の学生が乗る自転車。これを作ってもらおうと自転 車の師匠の知り合いに雑誌の切り抜き写真を渡して頼み込んだ。人生初のオーダーメイド自転車の製作を引き受けてくれたのはなんとRAM’Sさんだった。自 転車の師匠も実はVANの元社員で堀さんと同じ部署で働いていたことがあった。世の中は狭い。

さて、かれこれ30数年前に作ったRAM’Sの自転車(スポルティーフ)。未だ現役。はがれて無くなってしまったRAM’Sのヘッドシールを頂きに 堀さんのお店へ伺った。十数年ぶりに会う堀さんはお変わりなく元気だった。お店は相変わらずの1980年代のアメリカの雰囲気が漂う。

在日米軍向けのハウスが残っていた1980年代の南林間を感じさせてくれる素敵な自転車屋さんです。

RAM’S BICYCLE SHOP(ラムズバイシクルショップ)
Tel/Fax: 046-274-5147
神奈川県大和市南林間8-17-14
平日:12:00〜19:00 土・日・祝日:10:00〜19:00
定休日    木曜日

トレイルストア10周年、2004-2014

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 22:24
JUGEMテーマ:地域/ローカル
555nat ホロホロ日記 The Trail Store トレイルストア10周年2014年 (2)

オフロード自転車専門店、東京三宿のThe Trail Store トレイルストアが今年(2014)で10周年!
何やら10周年を記念してオリジナル製品のリリースやご機嫌なイベントが続々開催されるようです。

トレイルストアにちょっとご無沙汰してる方、一度はのぞいてみたいと思っている自転車オフローダーの方、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。そして店主の(和田)ハジメちゃんにマウンテンバイクの奥深い楽しみを伝授してもらってください。 → トレイルストア

555nat ホロホロ日記 The Trail Store トレイルストア10周年2014年 (1)

マウンテンバイクショップ オオタケ所蔵、1984年製ノースフェイス社製DAY PACK、MINT!

  • 2013.01.22 Tuesday
  • 13:37
JUGEMテーマ:地域/ローカル

ホロホロ日記 555nat.com マウンテンバイク オオタケ ノースフェイス・デイパック

 高速道路を使って「MTB SHOP OTAKE マウンテンバイクショップ オオタケ」へ行くのは今回が初めて。東名高速「秦野中井」を下りると、世田谷を出たときの曇り空はすっかり晴天に変わっていた。

 大竹さんとの付き合いが始まったのはシマノのマウンテンバイク・レースの制作を一緒に立ち上げた1990年代の初め頃だった。同じ「松戸組」のメンバーとして稲子湯に1週間あまり泊り込み、レースイベントの準備をしていた。マウンテンバイクの草レースを創りあげる「喜び」と「苦労」を共にした仲でもある。

 高速の出口「秦野中井」は秦野の街の南側。小田急線の「秦野」駅や国道246号線のある丹沢方面の険しい山岳風景とは正反対の長閑な丘陵地帯が広がっていた。クルマに差し込む朝の光は透明感があって、優しくて、温かい。伊豆半島のようなのんびりした雰囲気だった。

 お店に着くと誰もいなかった。約束は午前10時のはず・・・。しばらく待つと竹ちゃんと奥さんが笑顔で歩いてきた。治療院に行っていたらしい。安心した。ここまで来て会えないんじゃ、シャレにならない。

 一緒に行ったプロダクツデザイナーの石井さんを竹ちゃんに紹介。石井さんは「法政クラブ」マウンテンバイク活動を一緒にしている仲間である。

 初めてマウンテンバイクを購入する石井さんは、竹ちゃんの親切な説明と彼の人柄が気に入った様子だった。お店に並んだ中から自分のイメージに合ったマウンテンバイク(フレーム)を選び出し、特別仕様の自転車を組んでもらうことにしたらしい。自分だけのオリジナル・マウンテンバイクを注文できるのは、嬉しくもあり、じゅうぶん価値のある買い物だ。竹ちゃんのような、経験、技術、人脈、センスと四拍子揃った自転車屋さんなら、きっと個性的なカスタム自転車に仕上がることだろう。

 注文自転車の打ち合わせが終わって、竹ちゃんからお店改装の苦労話や自慢話を聞いた。ほぼ一年間、お店を休んで自分自身で黙々と改造したお店の秘話だ。板の1枚、ビスの1本、建具のひとつひとつに興味深い改造ストーリーがあった。面白すぎて、とても一日で聞くのは無理なので続編は後日改めて聞くことにした。

 それにしても、プロの内装屋さんや大工さんでは絶対に真似できないお店である。なんたって、惜しげもなく時間と労力を注ぎ込み、竹ちゃんの創造力とアメリカ仕込みのD.I.Y.魂が発揮された傑作だからね。自慢の薪ストーブの設置はもう少し先のようだが、あったかい雰囲気の手作りのお店は相当魅力的で一見の価値ありだ。

 「マウンテンバイクショップ オオタケ」ではあっという間に時間が過ぎる。

 竹ちゃんが貴重なものを持ってきて見せてくれた。The North Face ノースフェイス社製のオリジナル「DAY PACK」だった。彼が1980年代初頭にサンフランシスコ、バークレーのThe North Face のお店で購入したものだった。スタンダード・カラーの「ネイビー」と渋いカラーの「タン」。どちらも未使用品である。このデイパックを手に入れた当時のことを話してくれた。

 僕ら50+は自由なアメリカ文化をすり込まれて育った世代。アメリカへの憧れ、メールオーダーで苦労して手に入れたMade in U.S.A.製品の喜び、1970年代から1980年代のアメリカ文化にまつわるエピソードの数々。どれも僕には共感できるものだった。良くも悪くも、僕らのライフスタイルのルーツは1970年代-1980年代にあるわけだから。

 竹ちゃんから自転車以外の面白い話が聞けたのは収穫だった。その人が持つ価値観、ライフスタイル、思想を知ることは、信頼感、尊敬、愛着などの人間関係を深めることになる。

 僕のまわりの自転車仲間たちは、自転車バカの殻を破った、ユニークでユーモアのセンスを持った面白い人間たちが意外と多いことをしみじみ感じた。

★D.I.Y.ビルダー、大竹雅一の仕事。見事な自作店舗作品の見学とマウンテンバイクのお買い求めは → MTB SHOP OTAKE

★竹ちゃん所有の The North Face DAY PACK 1980s の思い出と詳細の記事はそのうちモノシリ沼にて。

1991年製マウンテン復活大作戦中

  • 2011.11.25 Friday
  • 23:14
JUGEMテーマ:スポーツ

リサイクル・バイシクル ワイルドキャット1991ムーンライト復活中 555nat.com ホロホロ日記

暇をみつけてガレージに眠る古い自転車を復活させる。

できるだけお金をかけずに、ね。
自転車は乗って、遊んで、なんぼの道具だから。

ガレージで朽ち果てている自転車はどんどん直して復活させるのだ。
そしてどんどん必要とする人に使ってもらう。
それが自転車も人間も幸せだと思う。

そんな幸せを待つ一台が先日、友人の自転車メカニックの元から戻ってきた。頼んでいたのはヘッドパーツの圧入とフロントフォークのセッティング。なんと二年数カ月もかかってしまったのだ! 信じられないかもしれないが、信じられないことってときどき起こるものである。

戻ってきた自転車はワイルドキャット1991年製ムーンライト。フレームは友人のKodera氏から譲り受けたもの。それをベースに自転車仲間たちから使わなくなったパーツを提供していただき、自転車は少しずつマウンテンバイクの体を成してきた。
これから直径26.8ミリのシートポストを探し、ブレーキケーブル、ペダル、チェーンを取り付ければ走れる状態に完成。

復活の日は近いぞ。 

黒もいいけど、カラーもキレイ。YKK止水ファスナー

  • 2011.07.02 Saturday
  • 23:12
YKK止水ファスナー(別注)色物 リペアパーツ 555blog 555nat ホロホロ日記

YKK社製の止水ファスナー。テープとスライダーを”色物”で作ってみました。テープの表面コーティングの光沢具合が思いのほかの良い感じ。脇役資材にもかかわらず存在感あり過ぎです。
商品企画の見本で製作したものの余りとなりますが、5色、各1本、長さは50僂白猫屋でお分けいたします。

JUGEMテーマ:スポーツ
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
こんなマウンテンバイクの本を書いてます!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM