555blog

ホロホロ日記
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

自転車キッズ検定。クマ印スタッフTシャツ

JUGEMテーマ:地域/ローカル
ホロホロ日記 555nat.com  自転車キッズ検定 スタッフTシャツ(リピート生産) 2016

年末に「自転車キッズ検定」のスタッフTシャツの追加製作の依頼があり、制作して納品しました。

自転車キッズ検定」というのは自転車走行のスキルアップや交通安全、ちょっとしたメンテナンスなども、遊び感覚で楽しみながら学べてしまう、魔法のようなキッズ向けの自転車プログラムです。2011年にスタート。日本マウンテンバイク協会のインストラクターの皆さんと一般財団法人・自転車産業振興協会のスタッフの方々によって全国で開かれています。まだ開催回数はそれほど多くはありませんが、とても親切に自転車のことを教えてくれるので、参加した子どもたちのほとんどが自転車の面白さを再発見してもっと好きになるそうです。とても楽しいイベントです。

自転車キッズ検定」のスタッフTシャツにプリントされている熊さんマーク、実は「自転車キッズ検定」のシンボル・マークです。絵本アーティストのミヤハラヨウコさんにお願いして、小さな子どもたちにも愛されるキャラクターのイメージで描き下していただきました。皆さんに好評です。

余談になりますが、「自転車キッズ検定」の検定ブックのイラストは自転車雑誌のアートワークでお馴染みのCartoon Master 田中斉さんの描き下ろしです。自転車好きには必ず共感を呼ぶ素晴らしい出来ばえです。ぜひ機会があればご覧になってください。
 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
イベント&フェスティバル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

布多神社つくる市 2015.11.1で会いましょう!白猫屋

JUGEMテーマ:地域/ローカル
ホロホロ日記 555nat.com 白猫屋 布多神社作る市 出店 2015.11.3 手ぬぐいサイクルキャップ アップサイクル製品(1)
ホロホロ日記 555nat.com 白猫屋 布多神社作る市 出店 2015.11.3 手ぬぐいサイクルキャップ アップサイクル製品(2)

初めての出店ですので、どんな様子になるのかわかりませんが、来る2015年11月1日、「布多神社つくる市」(東京都調布市)に「白猫屋」で出展します。

ロングテールバイク(自転車)に積み込んでも持っていく商品は、手ぬぐい&ヘンプのサイクルキャップ、新作ヘンプサコッシュ、リフレクト反射もの、アップサイクルグッズなどなど。

インターネットのショッピングサイトから飛び出して、ユーザーの方とのリアルにつながることを楽しみにしています。

調布方面にポタリングのご予定のある方、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

*今年は11月28日、深大寺の手作り市にも参加を予定しています。
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
イベント&フェスティバル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

SSJ特製の注染手ぬぐい制作 2014

JUGEMテーマ:スポーツ
ホロホロ日記 555nat.com 第4回シングルスピードMTBジャパンオープン SSJ4 参加賞 オリジナル注染てぬぐい ディレクションとデザイン (1)

「第4回シングルスピードMTBジャパンオープン(SSJ) in 白馬岩岳」! なんて、凄そうな名前がついちゃっていますがね。

このオフロード自転車の草レース。実はすっごく楽しい仮装レース(?)なんだよね。

そして運営している人たち、みんな自転車好き。みんな手弁当。自分のプライヴェイトの時間をこの偉大なる草レースの準備のために使っているんですよ。好きこそものの何とやらと言いますが、スタッフのみなさんの情熱に頭が下がります。

僕もシングルスピーダーズの端くれ。何か少しは彼らのお役に立ちたい。そんなことを思い製作物のディレクションをさせていただきました。

そのひとつが東京下町メイドの伝統的な「注染手ぬぐい」の制作です。ディレクションのみならず、デザインもしました。

この特製の注染手ぬぐいは10月19日の行われたSSJレースの参加賞として配られました。

スタッフの方から、概ね好評だったと聞かされてひと安心しています。

スタッフのみなさんは、ほんとうにお疲れ様でした。

ホロホロ日記 555nat.com 第4回シングルスピードMTBジャパンオープン SSJ4 参加賞 オリジナル注染てぬぐい ディレクションとデザイン (2)
▲注染手ぬぐいの素材作りは”手書き”でなければならない。
19T、20T、21T、22T、23T、24T、25Tのコグを”手書き”しました。

ホロホロ日記 555nat.com 第4回シングルスピードMTBジャパンオープン SSJ4 参加賞 オリジナル注染てぬぐい ディレクションとデザイン (3)
▲。巾約33センチ、長さ約90センチの手ぬぐいと同じ大きさでデザインを入稿。

ホロホロ日記 555nat.com 第4回シングルスピードMTBジャパンオープン SSJ4 参加賞 オリジナル注染てぬぐい ディレクションとデザイン (4)
▲注ぎ染めのため、細かな文字のつぶれを心配していましたが、注染特有の良い感じのエッジのボケ具合になりました。

ホロホロ日記 555nat.com 第4回シングルスピードMTBジャパンオープン SSJ4 参加賞 オリジナル注染てぬぐい ディレクションとデザイン (5)
▲実物のコグを手ぬぐいの柄に合わせてみたらピッタリでした。職人に皆さんに感謝です。

【ディレクション&デザイン】  ナット&カンパニー
 
555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
イベント&フェスティバル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

仮装レース。シングルスピードMTBジャパンオープン2012観戦。

JUGEMテーマ:スポーツ

SSJ2 シングルスピードMTBジャパンオープン2012 ホロホロ日記 555blog 555nat.com マウンテンバイク 草レース

マウンテンバイク(MTB)と聞けばダート山道専用の頑丈な自転車で、20数段変速のギアが付いている。一般的にはそんな感じの認識だろうか。

ところが先月(4月15日)開催された「シングルスピードMTB(マウンテンバイク)ジャパンオープン」に出場するマウンテンバイクは変速機がない。ギアは前後1枚づつ。この1段スピードのマウンテンバイクでタイムを競うのがこのレースである。

けっこう過酷でクレージーなレースとして知られているが、速く走ったからといって注目されるわけではない。参加者の仮装(コスプレ)が何よりも注目を集め、大きな賞賛を得るという一風変わった自転車レースなのだ。そんなわけで参加者の仮装率は8割以上である。

”仮装”は確実に人を幸せにする。

仮装した参加者たちは仕事やプライヴェイトの日常生活から完全に解放される。思い思いの仮装で自転車を走らせるその勇姿は意外とカッコ良く、相当気持良さそう。レースの順位なんて気にする必要はないのだ。ハッピーな気分を満喫し、仲間と自転車の喜びを共有。レース会場は笑顔が絶えない。ここには平和な時間が流れている。

”仮装”と”自転車”。この弾けた組み合わせの娯楽スタイルが、愉快で住みやすい日本を作る原動力になることを信じているのだが、どうだろう。 

555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
イベント&フェスティバル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

やまめ工房とロングテールバイク

JUGEMテーマ:スポーツ

29er ss riders meeting 2011 LTB Movement ホロホロ日記 555nat.com

やまめ工房の堂城(たかぎ)君とのつき合いも、早いもので20数年あまり。年に一度、必ず会えるのがこの季節。安曇野の「29インチ・シングルスピード自転車・ライダーズミーティング」(29erSSミーティング)だ。今年も彼と彼の家族と再会。楽しい二日間を過ごした。

オリエンテーリング、トレイルライド、ツーリング、やまめの学校、スワップミート、交流会、エコツアー、温泉、マクロビの食卓と盛りだくさんのアクティビティの二日間。参加者が一緒に泊まるパーマカルチャーの宿では参加者同士が、29インチ自転車の現状と未来、自転車生活の未来について意見交換し、今年はなぜか「長い自転車=ロングテールバイク」のある楽しい生活についての話しで盛り上がった。29erシングルスピードミーティングだというのに、・・・である。

なぜかというと29erSSミーティングの参加者のうち、長い自転車の活用家が7名という興味深い人数。長い自転車のオーナーが二人以上集まれば、普及活動が始まる。それがロングテールバイクライフ一族の”常”である。

熱心な布教活動の成果なのか、試乗して本人が気に入ってしまったのか、堂城家も近々「長い自転車生活」突入を正式表明。写真はロングテールバイクライフの先輩、山口家が持ち込んだラディシュ号に乗って、ややおだちぎみの「やまめ工房」堂城賢(マサル)氏。

555nat.comウェブサイトへ 555nat.comウェブサイトへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
イベント&フェスティバル | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |