ボルダリング師匠の忠告

  • 2006.09.12 Tuesday
  • 23:58
grade7 start hold
雨の日だからクライミング・ジムは空いている、なんて冗談じゃない。中野島『パンプ』(神奈川県川崎市)は雨でも元気だ。

2階のボルダリング・フロアは、10名ほどがボルダリングの課題にチャレンジしていた。グループで楽しんでいる連中も二組。ボルダリングもけっこうポピュラーになってきたのかな。

なかなか上手くならないオイラのボルダリング。
そこで先日『インガ』の椎名師匠からスキルアップのコツを聞いてみた。
「できもしないのに、かぶった壁(オーバーハング)を登るべからず。まずは垂壁の課題をクリアすべし」というのが師匠のアドバイスだった。
オーバーハング(ぎみ)の壁を登るのって、何となくカッコ良いのに・・・・。でもイメージだけじゃ、登れないし。イメージと実際は悲しいほど違うからね。ボルダリングは特に・・。

師匠のアドバイスに従い、今日は垂壁のみをトライ。オイラはパンプ・レベルで「7級」(白テープ)の課題にチャレンジした。写真は「7級」のスタート・ホールド。最初に両手でこのホールドをしっかりつかんで課題にスタート。

他人の忠告は、素直に聞くものである。
オーバーハングに見向きもせず、ひたすら垂壁の課題を地道に登る。ひとつづつ、難しい課題をクリアすることができた。課題を攻略できると嬉しいもので、今日のボルダリングはなかなか充実していた。

ジムを出ると、いつものようにすっきり風呂上りの気持ちの良さ。心地よい疲労感とケダルサも良い。ボルダリングの至福の時だ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM