マウンテンバイクの楽しみを広げる市民運動が始まった

  • 2010.06.22 Tuesday
  • 23:53
JUGEMテーマ:地域/ローカル

555nat.com ホロホロ日記 マウンテンバイク 市民運動 トレイル作り IMBA ミニマムインパクト

自転車の“楽しみ”をうまく他人に伝えるのは難しい。
僕の周りにいるマウンテンバイク歴20年を超える知り合いの中でも、それをできる人物はほんの一握りだ。川崎に住むJB氏もそのひとりである。

その彼がマウンテンバイクの楽しみを広げる目的で市民運動を始めた。
六月後半の週末、そんな彼の活動を手伝いに東京某所のトレイルへ行ってきた。

その日の手伝いは「トレイル作り」。肉体労働である。たまには自転車を待たずにトレイルで汗を流すっていうのも悪くない。

JB氏のトレイルづくりはIMBA(インターナショナル・マウンテン・バイシクリング・アソシエーション)が発行する、自然環境へのインパクトを最小限に抑えるための具体的な方法や事例をもとに編集された唯一のガイドブック「Trail Solutions(トレイル・ソリューション)」を参考に進めているそうである。
IMBAはマウンテンバイクの普及と環境保全活動を目的とする国際的な自転車系市民団体。
北米を中心にマウンテンバイクの普及とフィールドである自然環境の利用と保護の調査研究とフィールドワークに大きな実績を持つIMBAの20数年にわたる自然環境に配慮したトレイル作りのノウハウがようやく日本でも取り入れられているっていうのは、とても興味深い。

蒸し暑い6月のトレイル作りはサウナ風呂のようにたっぷり汗をかき、風呂上りのようなスッキリした充実感と大きな達成感があった。集まった7名のマウンテンバイク市民活動家たちが力をあわせたおよそ3時間のトレイル作りで、この日は100mほどの素晴らしいトレイルが完成。自転車に乗るのも楽しいが、マウンテンバイクの新ルートをみんなで作り上げる”肉体労働”もまた楽しい体験である。

JB氏のマウンテンバイクの楽しみを広げる市民活動はまだ始まったばかり。いずれ、具体的な活動やプログラムが発表されると思う。自分としてはこの活動を継続してサポートしていくつもりである。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM