L.L.Bean キャンプモカシン。ソール交換

  • 2016.08.22 Monday
  • 20:33

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com L.L.Bean Camp Moccasin sole repair エルエルビーン キャンプモカシン ソール交換 before

 

捨てるべきか。交換すべきか。はたまた、アップサイクルするべきか。

 

20数年ほど愛用している L.L.Bean 社のキャンプモカシンのソールがご覧のように(写真上)ひび割れてしまった(涙)。

 

ワランティ(製品保障)の良さで定評のあるエル・エル・ビーン社ですもの、ソール交換が簡単にできるものと思って日本法人さんへ問い合わせてみたところ、思わぬ答え。

 

なんと「キャンプモカシンはソール交換ができません!」、そうなのだ。

 

嘘でしょ?

新しいソールを縫いつければいいだけじゃねぇの?

アメリカの L.L.Bean 社 だったら交換、OKでしょ?相談してみてよ、ね?

 

そんな当たり前の疑問をぶつけてみるものの、エル・エル・ビーン社のスタッフの方は「交換はできません!」の一辺倒。

困ってしまいました。

 

そこで、友人のモノシリ沼王に相談したところ、彼の御用達の靴の修理屋さんに相談してみたらどうだ、ということになり早速持って行きました。修理屋さんに見ていただいたところ、「交換できますよ。でも、同じソールはないですよ。それでも良ければ。」との嬉しいお答え。ソール交換の料金は¥12,000+税とのことでした。

 

¥12,000かぁ。

 

料金を聞いてまた迷いが。

このキャンプモカシン、 確か 、70ドルくらいで購入したんじゃなかったかなぁ。

 

捨てるべきか。交換すべきか。はたまた、アップサイクルするべきか。

 

やはり、捨てるのには忍びなく、大枚をはたいてソール交換をすることにしました。そして待つこと1か月半。新しいソールに張り替えられたキャンプモカシンが戻ってきました。

 

新しいソールはなんとビブラム(Vibram)社のもの。しかもデッキシューズでお馴染みのスペリーソールでした。

 

アッパーの汚れやキズはそのままですが、すっかり息を吹き返してシャキッとなったキャンプモカシンです。これを履いて外出する日が楽しみです。ソール交換してよかったなあ。

 

新しいソールはこちらです!

 

ホロホロ日記 555nat.com L.L.Bean Camp Moccasin sole repair エルエルビーン キャンプモカシン ソール交換 after ビブラムソール

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM