リネンによる多摩川の水の放射線調査【2018.8.19】

  • 2018.08.19 Sunday
  • 22:07

JUGEMテーマ:日記・一般

ホロホロ日記 555nat.com 555blog 多摩川リネン放射能測定プロジェクト たまあじさいの会 2018年8月19日 砧浄水場付近 東京都世田谷区 市民による環境調査

 

多摩川の環境調査『リネン布による多摩川の放射線調査』プロジェクトに参加しました。

 

毎年、1月と8月の年に2回、市民環境調査団体「たまあじさいの会」が取り組む調査です。調査地点は多摩川流域。上流の山梨県一ノ瀬渓谷から、東京湾にそそぐ河口の干潟までの15か所。調査は一斉に行います。

 

今年は8月16日〜19日(リネン布の設置16日、回収19日)でした。

 

僕の担当は東京都世田谷地区。今回も砧浄水場取水口付近の多摩川でした。調査地点まで自転車で20分。荷物をたくさん積めるカーゴ自転車(ロングテールバイク)に調査機材のリネン布、ペグ、カナヅチ、ビニール袋、ガイガーカウンターとゴム長靴を積んで出かけました。

 

設置したリネン布の回収は3日(74時間)後ですので、毎回、流されて無くなっていないかどうか心配でたまりません。回収日にリネン布を確認できた時はほっと胸をなでおろしました。今回は流されずに済んだ。ほっとしました。

 

そして、回収したリネン布は陰干ししたあと、日の出町の「ちくりん舎」市民放射能監視センターへ郵送。放射性物質を含んだ珪(けい)藻類や藍(らん)藻類が吸着したリネン布を「ゲルマニウム半導体測定器」で測定分析してもらいます。結果は後日、たまあじさいの会のウェブサイトで公開することになります。

 

過去の調査結果では各地点で数値のバラつきはありますが、いまだ放射性物質が検出されています(多摩川放射線一斉調査)。原因の究明はなかなか難しいですが、自然界では分解されない放射性物質は河川へと移行するという流れができているのかもしれません。

 

原子力発電所の事故から7年、今も日本政府が『原子力緊急事態宣言』を解除できないのは、多摩川から検出され続けている放射性物質と共通する何かがあるのかもしれないなぁと考えてしまいます。

 

写真はリネン布を設置した場所が、増水などでわからなくならないように目印になる石を集めて盛っている様子です。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM