台風と1970年代第1世代ゴアテックスパーカ

  • 2011.10.15 Saturday
  • 16:31
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com ホロホロ日記 Early Winters モノシリ沼

かねてから35年モノの第一世代ゴアテックス(Gore-Tex)レインパーカの性能がどんなものか(今でも)を試してみたいと思っていた。絶好の機会が訪れたのは先月21日の台風15号直撃寸前の東京品川、午後1時。

お試しパーカはゴアテックス素材を初めて採用した伝説のアーリーウィンターズ社製の「ゴアテックスパーカ」。縫い目からの水の浸入を防ぐ目止め材は、昔懐かしいシームシラー塗り。シームテープが登場する前の代物である。第一世代ゴアテックス素材を使用したパーカの初期型のものだ。

そんなオールドスクールなGORE-TEXパーカを嵐のなか、傘をささずに着用テスト。水漏れも水の侵入もない。防水性、透湿性も問題なし。現代のゴアテックスパーカと比べても、劣るところが見当たらない。フードのデザイン、ベンチレーションの構造、ドローコードの配置など、機能的デザイン面においてどれをとっても今のものより優れているかもしれない。すでにこのテのアウトドア用パーカの機能的デザインは、1970年代アーリーウィンターズ社によって完成品になっていたことを実感させられる。

と言うような1970年〜80年代のアウトドアギアを通して、先人たちの優れた創意工夫や驚くべき想像力の高さをリスペクトし、アウトドアライフの心と本質を探る偏った趣味のブログが友人と二人で細々と運営する「モノシリ沼」。ご興味のある方、お気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。 

映画ワンエイティ・サウスとインフルエンザからの教訓

  • 2011.02.03 Thursday
  • 23:59
ホロホロ日記 555blog 180° SOUTH インフルエンザ

不覚ながらインフルエンザA型の攻撃を受け、1週間ほど前にダウンした。その後、順調に回復し、まわりの人への感染予防自主謹慎期間をようやく終え、どうにか復活。その間、約束をキャンセルしたりで友人知人、仕事関係の皆様にご迷惑をおかけした。ごめんなさい。

さて少し前(インフルエンザ感染直前)のことなるが、1月22日、映画「180°SOUTH(ワンエイティ・サウス)」の初日を観に行った。アウトドアアパレルブランド、パタゴニア社の創業者、イヴォン・シュイナードとノーシュフェイス社の創業者ダグラス・トンプキンスが、1968年に旅した南米パタゴニア。40年余りを経た現在、この旅に憧れたアメリカ人青年が同じルートを辿った記録を収録した映画である。

来日していたクリス・マロイ、出演者ジェフ・ジョンソンの舞台挨拶があるというので初日の午後イチの回を観に行った。サーフィンを愛するクリス。クライミングを愛するジェフ。彼らが語る映画についての話しは、熱い制作の想いというよりは、自然に対しても人間に対しても謙虚で優しい淡々とした等身大の世界観だった。彼らの普段着の生き方が伝わってきた。自然を相手に真面目に遊ぶ人たちから、国境、時代を越えた何か特別な“共感”を感じることができる。

映画「180°SOUTH(ワンエイティ・サウス)」のなかで一番興味深いかったのは、イヴォン・シュイナードとダグラス・トンプキンスのインタビューだ。昔の旅の思い出や南米の地道な自然保護活動を語るふたり。ストーブのヤカンを囲んで、言葉少なにリラックスしている二人の姿は、年齢とともに積み上げられた友人としての強い絆と信頼関係が伝わってきた。会話がなくても気のあった古い友人と、同じ空間、同じ時間を共有していることの素晴らしさ。自分が70歳になったとき、こんな風に素晴らしい安堵の時間を共有できる友人はいったい何人いるだろうか。

インフルエンザに感染して予定していた古い自転車仲間のバイクライドをキャンセルしたことを思い出した。20年後、僕らはイヴォン・シュイナードとダグラス・トンプキンスのように、古い友人たちと心の通じ合う同じ時間を過ごすことができるだろうか。

友人たちとの理想的な関係とはどうあるべきか? 後悔しない人生とは?
そんなことを考える機会を与えてくれた映画「180°SOUTH(ワンエイティ・サウス)」だった。

JUGEMテーマ:映画
 

今は亡き米軍ハウス「ザマコート」の特大クリスマスツリー

  • 2010.12.20 Monday
  • 22:44

1990s ZAMA COURT Xmas TREE

年々、街中のクリスマス気分が薄れてしまうことに寂しさを感じる今日この頃。ふっと思い出すのは今は亡き、かつての住まい米軍ハウス「ザマコート」の特大クリスマスツリー。

「ザマコート」は1950年代初頭、在日米軍向け住宅として建てられた、いわゆる米軍ハウスである。1980年代半ばから、日本人も住むようになり、僕が住み始めたのもちょうどその頃。それから老朽化で壊される1990年代後半までのあいだ、ザマコートが僕の住処だった。

そこで特大クリスマスツリーのことである。米軍ハウス「ザマコート」の楽しみのひとつがクリスマスのイルミネーションの豪華さ。贅沢すぎる3,000坪の敷地に建つ50世帯の在日米軍向け集合住宅は眩しいほどの電飾で見事に飾られる。毎晩帰ってくるのが楽しみだった。中でもひときわ素晴らしいクリスマスツリーのイルミネーションを作り上げていたのが住民のひとり、ワンダーマートの主人宅である。二階建ての高さの特大クリスマスツリー(写真)が広い芝生の庭に登場。これがとてつもなく凄いのだ。あまりに強烈なインパクトがあったせいか、クリスマスの時期になると毎年、この巨大クリスマスツリーを思い出さずにはいられないのである。

今年は先日、上京した義理の母のお供でディズニーシーへ行き、一足早いクリスマスを満喫してきた。初めてのディズニーシー、行ってみるとしっかりと作りこまれた気持の良い非日常の世界に感心するばかり。ディズニーシーをちょっと甘く見ていました。食わず嫌いは損をする、という教訓でした。

1970-1980年代アウトドア温故知新ブログ「モノシリ沼」を海外WEBサイトが紹介

  • 2010.09.16 Thursday
  • 12:47
JUGEMテーマ:スポーツ

友人とふたりでコツコツ更新しているブログ“モノシリ沼”。
恥ずかしながら海外のアウトドアカルチャー系サイトのアーカイブ資料として、
こっそり紹介リンクされているようです。

モノシリ沼は自分たちの愛用した(する)1970年代〜1980年代のアウトドア用品を通して、先人たちのモノづくりの精神やアウトドアカルチャーの奥深さを再確認し、微力ながら少しでも未来へ受け継ぎたいと始めた、私的でかなり偏った温故知新のブログです。

モノシリ沼 555 outodoor lab 1970-1980年代 アウトドア 温故知新

ご興味のある方、のぞいてみてください。

モノシリ沼はこちら → モノシリ沼

紹介していただいた海外のWEBサイトはこちら ↓
Compass: Charting the Evolution of Outdoor Gear

新宿ラルゴ。スノボとピストバイク

  • 2010.06.13 Sunday
  • 21:53
JUGEMテーマ:スポーツ

555nat.com、ラルゴ、ピストバイク、松川けんし、ブレインズ

週末、オリジナルTシャツ製作の打ち合わせでバックカントリー・スノーボードショップの草分け、新宿ラルゴさんへ伺った。
今年もTシャツのプリントデザインは巨匠イラストレーターの松川けんし氏、シルクプリントはブレインズの三原さんが担当する。

ところで、ラルゴさんの店頭に停まっていた二台のピストバイク。
お客さんのバイクかと思ったら、なんと売り物。
スノーボードショップにピストバイク。なかなか面白いセンスの組み合わせ。

そういえば、札幌のサムズバイクに寄ったとき、お店にいた常連ピストバイカーたちの中にプロスノーボーダーが何人かいたことを思い出した。
バックカントリー系スノーボーダーたちが山から下りてきたときに、街乗りのアシでラルゴのピストバイク、っていうのも悪くないんじゃないかな。
ブームで乗り始めちゃったファッションピストバイカーたちもそろそろ落ち着いてきたようだし。

ちなみにバイクの価格は4万円台と買いやすい価格帯。
イギリスでデザインされたピストバイクらしい。

バックカントリースノーボード専門店「新宿ラルゴ」のピストバイクって興味あるでしょ。
詳しくは新宿御苑前のラルゴさんで。 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM