ニューヨーカー誌の自転車

  • 2006.04.20 Thursday
  • 23:08
NEW YORKER 1983
ふらっと寄った古本屋さん。店先のバーゲンの中からニューヨーカー誌を”ジャケ買い”(本だから”カバ買い”かな!?)。
1983年8月1日号。ニューヨーカー名物、表紙のイラストにはバイクショップの風景が生き生きと描かれている。

目にとまったは修理を待つ律儀な客の格好だ。シャツにパンツ。両方とも”重ね着”してますね。今でこそこんなバイカーたちのスタイルは珍しいことではないけれど、80年代(昭和50年代)には既にロングTシャツの上にバイクウエアといったバイカー特有のスタイルがあったとは、ね。

ちなみに、このカバー・イラストの作家はJ.J.Sempeさん。きっとバイカーだと思います。

こちらはマジなストリート・バイカー、田中親子の人気コラム「二輪三脚」、555nat.comでアップしました。

ロシア旅行記

  • 2005.12.24 Saturday
  • 23:58
宮原ロシア旅行記
クリエーターの宮原さんから便りが届いた。8月のロシア旅行記だ。
家族旅行の行き先がロシアなんて、なかなか”渋い”選択。しかもサンクトペテルブルグを捨て、世界遺産のキジー島を旅の目的にするあたりがね。予期せぬ出来事も起こりそうで・・。そんな彼の旅行記を読むと、海外旅行はロシアの片田舎に決まり。旅行ガイドに載らないスペースエイジなロシア旅行記。写真も文も彼の撮り下ろし書き下ろし。残念ながら非売品とか。
詳しく知りたい方は555nat.comのFriendsの宮原さんリンクからどうぞ。

1965年パロディコミック『MAD』マッド

  • 2005.08.26 Friday
  • 22:08
MAD1965
東京神田神保町は古本屋の街。仕事が終わってふらふら歩いていたら、案の定、つかまってしまいました。
神保町のお隣、小川町のデザイン系古本屋さん「かげろう文庫」(渋い名前ですね)。30分ほど古本を物色しました。収穫は1965年12月発行の雑誌『MAD』。1970年代〜80年代に一世を風靡した(?)あのパロディ・コミック雑誌『MAD』(マッド)です。タイトル文字とキャッチ・コピーはナント強烈な蛍光オレンジ特色インクらしい。ワイヤードスタジオボイスも真っ青な斬新なグラフィックですね。
「あなたはこの本を買いたくなる〜。あなたはこの本を買いたくなる〜。・・・・」と印刷された英文キャッチ・コピーにもかく乱されて気が付いたら『MAD』を持って、きれいなお姉さんのいるレジの前に立っていました。
ぐるぐるの表紙。”マッド催眠特集”と書いてある。僕はまんまと『MAD』の催眠術にかかったらい。

雑誌『自転車人』創刊!

  • 2005.06.30 Thursday
  • 01:06
自転車人
山と渓谷社から自転車の雑誌『自転車人』が出ました。マイペースで走る、大人のバイシクル・マガジン、というのがこの本のキャッチ・フレーズです。「オトナの自転車雑誌」か・・・・。
内容はかなり充実してます。読み応えがありそう。友人の山本修二さんの書いた海外リポート、いい感じです。オトナの自転車野郎を目指すならこの夏必読の一冊、ですね。

『クリティカル・パス』バックミンスター・フラー著

  • 2005.06.29 Wednesday
  • 21:58
クリティカル・パス
バックミンスター・フラーと言えば、1970年代の米国ノースフェイス社の名品テント『オーバル・インテンション』を生み出したジオデシック構造の考案者として、僕の記憶には強烈に残っています。彼自身は建築家、哲学者として、多くの人たちに影響を与えている思想家でもあるのですが。

さて、僕が彼の著書『クリティカル・パス』とめぐり合ったのは世田谷の砧図書館(世田谷区内にたった一冊しかないようです)。この本を読んで驚いたのは、既に1927年にバックミンスター・フラーがエコロジーを考えていたこと。『エコロジー』『持続的可能性』『再生的』『生命圏』という概念が地球環境デザインに関連づけて語られていたのですから。ちなみにエコロジーをテーマにしたテレビ番組「宇宙船地球号」も彼の書いた本の題名からとったもののようですし。

この本はそんな彼の考え方を集大成した日本語訳の本です。宇宙と自然と自己の持続可能な関わり方が解かりやすく解説してあります。多少、極端な部分もありますが、僕にとっては読むと元気が出るバイブルような本です。何十回も図書館から借りて繰り返し読んでいます。何度も買おうかと思いましたが、なにぶん定価¥6,500也と高額。躊躇していたところへ今回の阿佐ヶ谷の古本屋さん。かなり安く手に入れることができました。

建築、エコロジー、デザイン、ノースフェイス社『オーバル・インテンション』に興味のある方、一度『クリティカル・パス』を読んでみてください。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

友達LINK

ご訪問ありがとう

blogram

blogram投票ボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

休日バイカーのためのMTBアップグレード
休日バイカーのためのMTBアップグレード (JUGEMレビュー »)
森本 ひろふみ
好評(?)のようで、増刷されました!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM